セルフジェルネイルしてみたけど、サロンのような仕上がりにはならなかった方へ。見直すべきポイントはたったの2つ。それは「爪の形」と「ライン取り」。


こんにちは。

これからコラムで記事を書くことになりました、スタッフの白木ありさです。初投稿なので、本題に入る前に軽く自己紹介を。

私は以前は長年アパレル業界に勤めており、ネイル好きが高じて、アパレル業界を離れた後はネイルスクールへ通い検定も取得しましたが、結局のところネイリストにはならず今に至ります。現在は夫と2歳の娘、ネコ1匹と暮らしている30歳。

今でもファッションは大好きで、暇さえあればインスタを見て、着心地いいけどモードなママファッションを日々模索中です。毎日の日課は、子供を寝かしつけた後にアニメや海外ドラマを観て現実逃避すること……ここを掘り下げると話がかなり長くなるので、自己紹介はこのくらいにして。

今回は私が最近気づいたことのお話。

仕事柄人の爪をついつい見てしまう癖があります。ネイルしている人もいれば、していない人もいて、その形もさまざ。
「この人のネイルかわいい~」とか、
「男性なのにきれいにしてるんだな」とか、
「めっちゃ乾燥してる!ケア方法教えてあげたい」とか、心の中で一人思いをめぐらせています。

そんな中、私にある自覚が芽生えはじめました。それは、

サロンかセルフかひと目でわかる!!ということ。

先日も、セルフジェルネイルがかなり上手な友人がいるのですが、ワンカラーだった彼女の手を見て、
「サロン行ったの?」と聞くと、
「なんでサロンって分かったの?」と聞き返されたのですが、私からするとその差は一目瞭然。

ポイントは、差が出る場所。それが、今回ご紹介する

①爪の形

②爪の根元部分のライン取り

セルフジェルネイルをしている方は、購入したときは「これで自分でサロンのようなジェルができる!」とわくわくしながらやってみたことでしょう。しかし、いざ出来上がると「あれ?なんか思ってたのと違う」と思ったことありませんか?

それはプロのネイリストなら当たり前に気にかけている大事な2点を見逃しているから。ここを直せば、なんだか垢抜けなかったセルフジェルネイルが、見違えるように美しく仕上がります。

ではそれぞれのポイントを詳しく解説していきます。

①爪の形

爪の形はプレパレーションのときにファイルやエメリーボードで整えますが、このときに何も考えずにファイリングしている人がとても多いです。実際に、ポップアップイベントなどでユーザーの方とお話する機会がありますが、聞くと感覚だけでファイリングをしている方がほとんど。

爪をきれいに見せるにはすべての爪のセンターとカーブが揃っていることがとても大切!ではどうやって揃えるのか。次の3つを意識しながらファイリングしてみてください。

①-1 センターの位置づけ

まず爪の真ん中の位置を決めます。そうすることで手指全体のバランスがよくなる。そして爪の左右のバランスもとりやすくなります。

ネイルのセンター位置決め

指の第一関節から爪先に向かってウッドスティックを置いてみてください。指が曲がっていても第一関節からまっすぐのところをセンターにすれば指がスラッと長く見えます。

①-2 左右対称に

センターがしっかり決まれば、あとは左右対称に削るだけ。イエローラインに惑わされがちですが、そこは無視してセンターから見た左右対称です。

左右対称に削ったネイル

イエローラインというのは、爪先の白い部分と、爪が皮膚にくっついてるピンクの部分の境目のこと。イエローラインが左右非対称だとファイリングするときにそこに合わせてしまい、後から全体で見るとセンターがずれているということがよくあるので、気をつけましょう。

①-3 すべての爪のカーブが揃っているか

左右対称に削ったネイル4本

1本1本の爪の形がきれいでも、全て揃っていないと結局はきれいに見えません。すべての爪が同じカーブになるように照らし合わせながらファイリングしていきます。

②爪の根元部分のライン取り

もう一つ、パッと見でセルフと分かってしまうポイントが、根元部分のラインです。

キューティクルラインがきれいなネイル
根元に合わせてきれいに描かれている
キューティクルラインがガタガタなネイル
根元のラインががガタガタ

プロのネイリストは根元のライン(キューティクルライン)取りがとてもきれい。特に爪が伸びて自爪が少し見えてくると、ガタガタなラインは目立ってしまいます。

ジェルを塗るときは甘皮につかないようにするのはもちろんですが、このライン取りも意識してきれいなカーブを描くように塗りましょう。

ではどうやってきれいなカーブを描くのか。

ジェルの塗り方は人それぞれけっこう違いがあるので、あくまでこれは私のやり方で、ここからは参考程度にしていただければと思いますが、実際に段階を踏んでやってみようと思います。

ジェルネイルを真ん中に置く

真ん中にジェルを乗せて

ジェルネイルをキューティクルラインに合わせて押し上げる

少しずつキューティクルラインに合わせてジェルを押し上げながら

ジェルネイルのキューティクルラインだけ取り出す

先に、キューティクルラインに合わせて爪の上の方だけを塗ってしまいます。このときにきれいなラインを描くように意識するのがポイント!

ジェルネイルを下に伸ばす

あとは下にジェルを伸ばしていくだけです。

はみ出したジェルをウッドスティックで整える

ラインからはみ出たらウッドスティックで整えて

という感じ。

ジェルネイル完成

そしてこちらが2つのポイントに気をつけながら施術したネイル。

サロンでやったかセルフでやったか分からないくらいの仕上がりになったと思いませんか?

今までセルフジェルネイルでも満足いく仕上がりにならなかった方は

①爪の形

②根元部分のライン取り

を意識してセルフジェルネイルをやってみてください。そうすれば、今までのセルフジェルネイルが格段に美しく見えるようになります。

「セルフだからこんなもんか」と諦めず、より美しくなるようトライしてみましょう。

【ご案内】

ネイルサロン2回分のお値段で、自宅をネイルサロンにしませんか?
マニキュアのようにジェルを塗る、爪を削らないセルフネイル。
↓↓国産品質をぜひお試しください↓↓

by 白木ありさ

#コツ#ファイリング#ライン取り爪の形